スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( part 5/7 ) でぃすこぐらふぃ  【 su-paka ・ 高宮さん】

takamiya.jpg  jenny01 Listen or Love
                       
/ 高宮永徹 (2006)
砂漠の絨毯     に参加


FLRC-003_Su-Paka-Pooh.jpg  Sunny Side Garden
                    
/ Su-Paka-Pooh (2005)

(all keys で参加)
「Aya」 は僕が作曲しました。思い出深いです。
チカシさんもいろんな音を聞かせてくれました。
泥臭いアーシーなものから、ジャーマンテクノ、ソウルとか。
ほんと、夜中に プリプロとかよくやってました。


supaka_jelly_76.jpg  Jelly pattern
                   
/ Su-Paka-Pooh  (1998)
 (all keys で参加)
スーパカのメンバーだった人達とはなにげに付き合いが続いてます。
この頃はまだ ROOT SOUL こといけっちがプログラミングやってましたね。
DJのチカシさんとも初めて会いました。みんなで青春18切符を買って、
深夜、各駅停車で大坂に行って、ボーカルのアサトさんの実家に
みんなでおしかけて寝て、寿司をご馳走になって、そのままライブ、
朝まで起きてそのまま始発で東京へ、なんて事をやってました。
アサトさんは僕が病気になってから連絡してきてくれて
(もう10年以上音信不通だったのですが)
ちえや僕を励ましてくれました。
アサトさんが難病を患ってるという事も初めて聞きました。
僕が退院してから、亡くなった事を聞いた時には、呆然としました。
この世に残された者は、何をなすべきなのか?僕は命を与えられた者です。
アサトさんは残念ながら天に召されました。
僕は何のために命をあたえられ、何をしていくべきなのか?
正直、よくわかりません。
僕がなんとか這い上がってきた後に、アサトさんは天に召された。
「シンジ、後はまかせたよ。いい音楽を作り続けるんだよ。」という
ちょっと運命的なものも感じます。
一緒に音楽をやってた時期は短いのですが、
非常に多感な時期に一緒に音楽をやれたことで、とっても影響を受けました。
僕は、何を為すべくして命を与えられたのか、これから模索していかないといけません。
アサトさんが作った「クラゲ」。この曲を聞くたびにアサトさんを確実に思い出すなあ。
当たり前だけど、本人がこの世からいなくなっても、曲はこの世に残っていく。
僕がすべきは、曲を残していく、という事なんでしょうか?
それだけじゃない気もします。何なんだろう、、、。一生涯、模索し続けなきゃいけないのか。
今気がつかないと、手遅れになってしまうのか?う~ん、、、、、。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

Secret

コンテンツメニュー
新譜 『RR』 視聴リンク

SoundCloud
↓ 視聴できます ↓






Live photo

s1 


s3 


s2


s4 



Mail foam
演奏依頼・お問い合わせ・メッセージなど、こちらからお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:



最新記事
プロフィール

oshinko314

Author:oshinko314

1stアルバム『RR』
3013/6/26発売

鍵盤楽器奏者

ピアノ・オルガン
アコーディオンなど

アーシーな音楽が好き

プロフィール詳細は
↓こちら↓
=




Facebook リンク
中村新史アーティストページ
アクセスして
いいね!で応援
よろしくお願いします


Twitter

中村新史 アカウント


リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。